空室対策|ハウスウェル株式会社

トップページ > 空室対策
なぜ年間平均入居率93.5%以上を維持できているのでしょうか。

アパート・マンション経営において最大のリスクは空室です。安定した経営を維持するためにはできるだけ空室を発生させないことが重要です。

ところが今、日本では人口の減少期に入り、賃貸住宅が供給過剰の状況になっています。
今後、アパート・マンション経営を取り巻く環境はますます厳しくなっていくことでしょう。

ハウスウェルが年間平均入居率93.5%以上を実現しているのは「一括借上(サブリース)」や「プロパティマネージメントサポート」などを利用しながら高い水準を維持しているからです。

空室の原因はひとつではなく、
複合的に重なっている場合が多いのです。
主な空室の原因
  • 相場より家賃が高い
  • 設備が充実していない
  • 管理が行き届いていない
  • 築年数が古く建物が老朽化している
  • 入居者募集活動が積極的に行われていない など
まずは信頼できる管理会社を選定し、
空室の原因を分析することが大切!!
分析のポイント
  • インターネットの掲載をしっかりとしているか。
  • 他業者にも物件を積極的に紹介しているか。
  • 上記の上でインターネットのアクセス数
  • ご案内数 など

ご案内が入っていて入居につながらないのか、ご案内をして入居が決まらないのかでは改善するポイントが異なります。

センチュリー21ハウスウェルではしっかりとした分析を行いオーナー様にご納得のいくご提案をさせていただいております。

また、センチュリー21のフランチャイズネットワークを活用することにより、海外からの入居希望者様も多いのが特徴です。

ページトップへ